監督者の残業削減への取り組み及び女性社員の活躍できる環境作りについて

☆ 監督者の残業削減への取組

~支援チームの立上げ。デキスパートの利用拡大で可能になった事務処理の効率アップ!~

(株)二友組では平成29年4月より「監督者の業務負荷低減」を目的に本格的な取組を開始した。各部門別に配属していた女子事務員をまとめ「工事事務支援チーム」に再編をした。同時にデキスパート(工事管理ソフト)の機能追加をし各現場の工事写真データを集約処理できる環境を整備した。

支援チームでは監督業務の雑務を取込み効率的に処理する。工事写真帳作成のほか図面のCAD化、各種帳票作成、施工計画書作成等、工事関連書類全般をチームで消化する。提出書式の統一、総量の平準化、最小人員構成等、チーム化したメリットは大きい。

★ もう一つの目標:現場管理の充実

監督者雑務の50%カット → 現場管理品質の20%アップ

※建設業の課題である長時間労働を「業務の棚卸」と「ITの積極活用」で女性社員の活躍できる環境を整備し、監督者と支援チームが一体となり改善する活動を推進中である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする