アスベスト除去・新工法のご案内

潜伏期間があるアスベストの危険性


鉱物繊維であり、人体に悪影響を与える危険性があるアスベストですが、健康被害をもたらす潜伏期間が10~50年にもわたることをご存知でしょうか?早急に適切な処理を行わなければ、今後何らかの症状を発症することも考えられます。
二友組では、人体に悪影響を与える危険性のあるアスベストの処理(新工法)を承っております。
建造物の解体にともなうアスベスト処理の負担を大幅に削減することで、コスト削減と作業者の安全の両立を実現してきました。二友組は、今後もアスベストによる健康被害を少しでも少なくすることを目標としています。

アスベスト(石綿)とは?

耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に優れ、安価であるため「奇跡の鉱物」として重宝され、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきました。
しかしながら、アスベスト(石綿)の繊維は髪の毛の5,000分の1程度とあまりに細く、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると肺癌や中皮腫の誘因となることが指摘されるようになりました。
いつしか「静かな時限爆弾」と呼ばれるようになり、以降、代替品としてグラスウール(ファイバーグラス)やセラミックファイバーが用いられる傾向にあります。

二友組のアスベスト除去新工法

二友組のアスベスト処理は、薬剤をアスベストに噴霧することでアスベストの特徴である針状結晶を変化させます。アスベストを本処理行うことで0.1%未満/重量まで減少させることが可能です。
新工法は従来のアスベスト処理の法令に基づき、養生・安全対策・最終処理まで行いますが、新たに開発した飛散抑止剤(JP-2000)を使用することにより、「作業の安全性」「工期短縮」「コストダウン」を可能にします。

1. 作業の安全性
アスベストを手作業で除去する必要がなく、飛散・曝露のリスクは極小です。
薬剤噴霧の機械は遠隔操作でき、安全な作業を実現します。
2. 工期短縮
従来の方法に比べて作業工程が大幅に簡易化されるため、納期は従来の半分以下へと短縮されました。
3. コストダウン
アスベストに薬剤を噴霧するだけ。少人数・短期間でアスベストを処理できるため、コストを大幅に削減できます。
※ 二友組まで、相見積もりのご依頼をいただきまして、比較検討を是非お願いいたします。

アスベスト処理の新工法 (1~4)

  • JP-2000はアスベストが剥がれやすい
  • ジェットミストガンでの剥離作業が吸引での回収で工期短縮
  • 吸引して圧縮するので処分費が軽減
  • 人の手の届かない場所やダクト等の撤去前に作業が可能

アスベスト除去工法・新旧作業イメージ

新工法
従来工法・手工具ケレン
超高圧ジェットミスト
(ジェットミストを噴射しアスベストを除去)
従来の手作業工法
(ワイヤーブラシを使った手作業)
ミストが拡がって飛散防止の役割を果たします ワイヤーブラシなどで処理をしていると、
作業員の身体のほうにアスベストが飛散してきます

アスベスト耐火被覆材除去の新工法と従来工法との比較表

新工法 従来工法
剥離剤併用手工具ケレン工法 剥離剤併用超高圧水洗工法(100MPa以上)
1. 世間の施工占拠率 約90% 約10%
2. 申請期間・区分 労働基準監督署 工事計画届・作業届
都道府県政令市 特定粉塵排出等作業実施届
3. 工期 3,000㎡として 12日(250㎡/日・3人/1組) 40日(75㎡/日・3人) 12日(250㎡/日・3人/1組)
4. コスト 従来法を指数100として 85 100 130
5. 養生・保護具 法令に準ずる
6. 施工性 狭小部や手の届かない場所の撤去が容易 狭小部や手の届かない場所の撤去が困難 狭小部や手の届かない場所の撤去が容易
作業員の体力消耗が少なく、作業効率が良い(夏場は特に) 作業員の体力消耗が大きく、作業効率が悪い(夏場は特に) 作業員の体力消耗が少なく、作業効率が良い(夏場は特に)
7. 剥離剤 JP2000(従来品より剥離性が高い) 従来品
8. 廃棄物処理方法 法令に準ずる
9. 廃水処理 使用水量 3.5L/分(約一升瓶2本分) 無し 100L/分
必要性 廃水処理の必要なし 廃水処理の必要なし 廃水処理の必要あり
水質浄化装置 不要 必要(設置場所の確保が必至)※添付資料③参照
処理方法 該当なし 凝固沈殿させ、上澄み水をろ過後排水
水質測定分析 不要 必要(測定結果に日数がかかる)

アスベスト除去作業に必要な作業スペースの設備配置図(各種工法別)


※ 新工法は、超高圧水洗工法の半分以下、従来工法(手工具ケレン)なみのスペースで作業可能な点が見てとれます。

お問い合わせ

相見積もりのご依頼を頂きまして、比較検討を是非お願い致します。

二友組まで、お気軽にお問い合わせください。

高品質・ローコストを追及する

株式会社二友組