二友組ブログ

新築・リフォーム・増改築、一般土木、上下水道、プラント、遺跡調査、環境まで「株式会社二友組」

行動計画

Plan of Action

二友組の行動計画

社員が仕事と子育てを両立出来る働きやすい職場環境を整備すると共に、生活の充実と仕事の効率アップの相乗効果を生み出すワークライフバランスを実現する為、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    2018年10月1日 ~ 2023年9月30日までの5年間

  2. 内容
目標1
計画期間内に育児休業、子の看護休暇、配偶者出産休暇のいずれかの制度を利用した男性社員の比率を20%以上にする。
<対策>
2018年10月~
社内ミーティングにおいて就業規則で定められた育児休業制度、子の看護休暇 制度、配偶者出産休暇制度の説明、周知を行ない、諸制度に対する理解を深めてもらう。
2019年4月~
各部署で、育児休業、子の看護休暇、配偶者出産休暇を取得した男性社員の代替勤務及びバックアップ体制を構築し、子育てをする男性社員が休暇を取得しやすい職場環境作りを行なう。
2020年10月~
制度を利用した男性社員及び利用する機会が有ったにも関わらず制度を利用しなかった男性社員の双方から広く意見聴取を行ない、現行制度の問題点等を洗い出し、より利用しやすい制度にする為の改善を図る。


目標2
子育てをする社員が仕事と家庭を両立出来る諸制度を整備し、就業規則に定めた上で全社員に周知して利用促進を図る。
<対策>
2018年10月~
子育てをする社員を対象とした短時間勤務制度、時差勤務制度を更に充実させると共に、新たに在宅勤務制度を導入する為、在宅勤務が可能な業務の洗い出し、及び社員のニーズ調査を行なう。
2019年4月~
在宅勤務制度を整備し、就業規則に定めて全社員に周知する。
在宅勤務制度を、従来から有る短時間勤務制度、時差勤務制度と並ぶ子育て支援制度として確立する。
2021年10月~
ワークライフバランスを実現する為、新たな制度構築の為の検討を行なう。


目標3
育児休業又は子育てにより女性社員のキャリア形成が途絶えること無くすと共に、女性社員の職域拡大、管理職登用を推進して活躍の場を広げる。
<対策>
2018年10月~
今迄主に男性社員が従事してきた建設現場の業務に女性社員を積極的に配置する為の調査・検証を実施する。
育児休業取得又は子育て中の女性社員から意見聴取を行ない、女性社員の就業継続に関するニーズ、問題点等を把握する。
2019年4月~
管理職社員を対象に、女性社員の育児休業後の就業継続、職域拡大、固定的な性別役割分担是正、組織風土改革に関する研修を実施する。
2019年10月~
女性社員に対して、管理職昇格の為のマネジメント研修、各種資格取得を支援する為の研修を継続的に実施し、女性の職域拡大、管理職登用を推進する。
2021年10月~
今迄の取組みを通じて各々の部署毎に問題点を抽出して改善すると共に、特に育児休業取得や子育てにより女性社員のキャリア形成が断絶しない様、支援体制を整備する。


目標4
地域の子育て活動に積極的に協力し、学生や子どもに職業体験、職場見学の機会を提供する。
<対策>
2018年10月~
地域防災協力事業所として学区と防災協定を締結し、地域の防災訓練等に協力する
2019年4月~
高等学校・専門学校・大学等の新卒予定者などを対象にインターンシップ等の職業体験の機会を定期的に提供する。
社員の子どもを対象に職場見学会を実施し、会社の仕事内容に対する理解を深めて頂く。
2020年10月~
地域の子育て活動やボランティア活動に協力出来る社内の体制を整備し、通学路や公園などの清掃活動、登校する子どもの交通安全活動を積極的に行なう。




Menu

ページのトップへ戻る