二友組ブログ

新築・リフォーム・増改築、一般土木、上下水道、プラント、遺跡調査、環境まで「株式会社二友組」

行動計画

Plan of Action

二友組の行動計画

社員がその能力を最大限に発揮し、子育てを行なう社員の仕事と家庭生活の両立と調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行なう為、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成25年(2015年)10月1日~平成30年(2020年)9月30日までの5年間

  2. 内容

目標1:育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備を行なう。

<対策>
平成25年10月~
全社員に対して、社内会議等で法令に基づく産前産後休業制度、育児休業制度、子の看護休暇制度等の説明を随時行ない、諸制度に対する理解を深めてもらうと共に、休業時・職場復帰時の社内手続き、及び健康保険の出産手当金、雇用保険の育児休業給付等の申請について周知を行なう。
平成25年10月~
小学校就学前の子どもを育てる社員を対象に、短時間勤務制度、時差勤務(始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ)制度を導入する。
平成25年10月~
各部署の枠組みを超えて育児休業期間中の代替要員の確保や業務体制の見直しを行ない、育児休業した社員が原則 元の職場(部署)及び担当職務に復職出来る様配慮する。

目標2:子育てをする社員の職業生活と家庭生活の両立を支援する。

<対策>
平成25年10月~
配偶者が出産する男性社員に対して、出産日の前後2日間の出産立会休暇を付与する。
平成25年10月~
小学校就学前の子どもを育てる社員が土・日・祝日に出勤する際、子どもを保育所等に預けられない場合は、事前の届出により事業所内の会議室を出勤者の子どもに開放する。
平成25年10月~
子育てをする社員を対象に、職場の親子見学会を定期的に開催する。
平成25年10月~
出産や育児を理由に退職した労働者から再雇用の申し出があった場合、優先して雇入れる再雇用制度を実施する。

目標3:所定外労働を削減する為、ノー残業デーを設定し、全社員で実践する。

<対策>
平成25年10月~
毎月第1・第3水曜日をノー残業デーに指定し、各部署で所定外労働削減への取り組みを強化する。
平成27年4月~
ノー残業デーに実際に残業しなかった社員の割合を80%以上にする。

目標4:地域の子育て活動に協力し、子どもや学生に職場見学、職業体験の機会を提供する。

<対策>
平成25年10月~
事業所が所在する学区のこども110番へ参加する。地域防災協力事業所として学区と防災協定を締結し、地域の防災訓練等に協力する。
平成25年10月~
高等学校・専門学校・大学等の新卒予定者などを対象にインターンシップ等の職業体験の機会を定期的に提供する。遺跡発掘調査現場において、近隣の小中学生や住民を対象に現地説明会を開催し、遺跡やその発掘調査に対する理解を深めて頂く。
平成27年4月~
地域の子育て活動に積極的に協力出来る体制を整備し、地域の子育て関連のボランティア活動に社員を参加させるなどの人的支援を行なう。

Menu

ページのトップへ戻る