二友組東京支店 女性社員による安全パトロール隊 報告書(第10回)

報告書

1. 今回の目標・ ポイント

現場ごとの安全管理の違い

2. 点検日:令和3年1月14日(木)10:00~14:30

総評

今回のパトロールは日々、何百人という人が作業している大きな現場と、住宅街で作業している現場というとても対照的な2か所でのパトロールでした。現場での安全管理の基本は変わらないものの、各現場でのルールや重要視する点が違い、自分たちの作業さえしていれば工事は進むものではないと知り、現場を管理していく難しさを知りました。

冷温水管布設工事

  • 管布設Φ250~Φ500 771m
  • 不断水工 Φ450 2箇所

本日の作業

添架工事の継手保温加工

コメント

この日の作業は、継手の保温加工の作業をしていました。現場で作業する際のルールがとても厳しく、私たちが危ないと思う前に対策がなされていてさすがだなと思いました。コロナ対策の検温所の設置や、ゴミの分別、飛散に対する対策もとられていて、学びの多い現場だと現場担当の方もおっしゃっていました。
日々、何百人という人達で動いている現場なので、気が抜けない緊張感のある現場でした。

板橋区配水小管布設替工事

  • (管径φ75~250㎜)配水小管新設 1308m
  • (管径φ75~250㎜)配水小管撤去 1266m
  • 制水弁・消火栓・排水栓新設
  • 給水取付替

本日の作業

仮給撤去、給水取替

コメント

こちらの現場のこの日の作業は仮給水の撤去と給水の取付替でした。この日の作業場所は特に狭いとのことでしたが、近隣も住宅街で道が狭く作業が大変そうだなと思いました。沿道の住民さんが帰ってきた際に代理人さんも作業員さんも声かけをしていて良いと思いました。ただ、水道管を入れればいいのではなく、周りに住んでいる方への対応も大切で一つ目の現場とは違う緊張感がある現場でした。

これからも二友組東京支店は安全面に配慮した活動を積極的に実施していきます。よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました