「技術者表彰」をうけた社員にインタビューしました

令和3年9月3日

名古屋市上下水道局様より「優れた技術と適切な現場管理により他の模範となる優秀な施工をされた」ということで社員計6名が「技術者表彰」を受賞いたしました。

今回その内の3名に特別インタビューをしました!

「技術者表彰」をうけた社員にインタビュー

飛田 幹太 | 25歳 施工管理:2年目

Q1. 評価点を上げるために気をつけた点はありますか?
――街中の夜間工事だったので、歩行者の方から見やすいように、LEDの赤、緑に交互に点滅する見やすい保安灯を使いました。光が当たると反射するような看板も使いました。先輩方が同じような工事の実績あったので、アドバイスをもらいながら工事を進めまし
た。

Q2. 表彰が決まったときのお気持ちをお聞かせください。
――周りがすごいと言ってくれたので、そこで表彰がすごいことと実感しました。表彰式は偉い方がいたので緊張しました。同じ表彰をとった先輩から「表彰をとったらスーツでしょ」と言われ、表彰式にスーツを着て行ったのに自分以外は作業着でした。(笑)

Q3. 今後の抱負をお聞かせください
――今回の表彰工事は、自分で書類を作成しましたが、先輩方が培ってきた書類を参考にして型通りに行いました。次回の現場では今回の現場の経験を活かし自分のアイデアも盛り込み、再度表彰していただけるよう頑張っていきたいです!

タイトルとURLをコピーしました